VAPEは少しずつリキッドを買って好みを探す

芳香剤を選ぶことがあります。オレンジやレモンなどの柑橘系の香りを選ぶことがあるかもしれません。実際に飲むときはオレンジの方がよさそうですが、芳香剤になるとレモンの方がさわやかになることがあります。使ってみないと実際の良さがわからない場合もあります。VAPEではリキッドと呼ばれる香りの液体を購入します。これを加熱することで香りが楽しめるようになっています。日本で売られているものはわかりやすい香りの名称で売られています。おそらくオレンジやレモンなどもあるでしょう。でも実際にそれらの味を試してみるとイメージとは異なる場合があります。量はどれほど多くないですから、まずはどんどんいろいろな味を試してみましょう。その中にこれが自分の中で一番と感じるものが出てきます。それを自分のマイリキッドにします。多くの中から探すのは大変ですが、それは自分しかわかりません。

VAPEを使うときリキッドは使い分ける

昼食などを食べるとき毎日同じ店で同じものを食べる人がいます。その反面いつも違う店で違うものを食べる人もいます。毎日同じものを食べる人はその味に慣れているからでしょう。違うものを選ぶ人はどんどん挑戦をしたがる人かもしれません。VAPEを使うときに同じものばかりを利用することがあります。それも楽しみ方の一つと言えます。一方で毎日違うものを食べる人のような楽しみ方もあります。たくさんの味を用意しておいてそれを試し試し使っていきます。今日はこの味を試してみようと使うことができます。すると次は何が良いか、またすべてなくなったときに次に何を買って楽しもうかと楽しみが増えます。同じものだけだと安心感はありますがドキドキわくわくするような楽しみはありません。いろいろな味を知っていると、他の人にもこれがいいなどと勧めることができます。

VAPEでは甘い果実を楽しめるリキッド

野菜は食べられないけども果物は食べられる人は多いでしょう。果物は野菜同様に生で食べます。でも甘みがあり、野菜独特の生臭さはありません。嫌いな人もいるでしょうが、果物の加工品であれば食べることができる人もいるでしょう。VAPEを利用するときに甘い果実のリキッドを選ぶことがあります。果物の中でも特に甘みの強いものの香りを楽しめるようになっていて、果物を食べているような感覚を味わうことができます。水分などはありませんが、口の中から鼻にかけていい香りが抜けていきます。あくまでも香りなので全くその通りの味が得られるわけではありません。でもそれなりに再現されているので特に問題はないでしょう。海外のものだと少しイメージと異なる味のこともありますが、日本のものであればイメージ通りの味になっていることが多いです。好きな果物から選びましょう。